東京・神奈川を中心に出張ドッグトレーニング オーナー様と一緒にトレーニングいたします。

メールでのお問い合せ:info.jp お電話でのお問い合せ:080-1156-6864
人とイヌとの絆 ドッグ・インデックス 出張専門ドッグトレーニング おやつを使わないドッグトレーニング。人とイヌの理想的な関係は、おやつに頼らないイヌのしつけ そんなドッグトレーニングをサポートします。
お客様の声  Dogindexにてトレーニング頂いた 多くのお客様から喜びの声を頂いています
【U様 & とりゅふ   東京都】
拡大写真を表示 生後半年頃、 お散歩で他の犬に吠えるようになったとりゅふ。
それまではもじもじしながら自分から近づいていったのに……
家でも何かと吠えることが増えていました。

 通販で買った吠え防止のグッズを使ってみたり、
トレーナーのDVDを見てハーフチョークも買ってみたものの
使う勇気はなく、とどうしたらよいのかわからずに悩んでいました。
 本には必ず、できたらご褒美におやつと書いてあるけど、そんなにおやつばっかりあげてて健康には問題ないのか。
実際とりゅふは「おやつの奴隷」状態でした。

 そんなときに、インターネットでようやく見つかったDog Indexさん。
出張トレーニングということがまず一番の決め手でした。生活環境を見てもらえることも何かの解決の糸口になるのではないかと素人なりに考えたからでした。
そして一頭一頭の個性も把握した上でトレーニングを
進めてくれるのではないかと期待したのです。

 そしてカウンセリングでMIKIさんにお会いして迷う事なくお世話になる事に決めました。
とりゅふが犬としての本能(という表現だったかは確かではありませんが)が強く、自己主張も強いことを指摘されて納得しました。


 「焦らなくていいですよ」※ というMIKIさんの言葉に甘えてしまうオーナーのせいで
トレーニングは3歩進んで2.5歩下がるようなスローペースでしたが、とりゅふは確実に成長していると感じます。

 トレーニング期間中に新たに起こる問題にも適切なアドバイスをいただきました。

  オーナー自身のためでもあるトレーニングということを痛感します。
 私たちの迷いや不安はとりゅふに伝わっているということも 実感できるようになりました。

「かっこいいオーナーになる」ってとても深い言葉だったんですね。道のりは長そうですが 諦めずに続けていきます。

 もっととりゅふが小さいうちにMIKIさんたちに出会っていたら、ということだけがちょっと悔やまれますが、まだとりゅふは1歳。前だけ見ていきます。

 これからもずっとずっとよろしくお願いします。とりゅふがおばあちゃんになった時に今が笑い話になっていますように。
お客様の声
【S様 & コナ   神奈川県】
拡大写真を表示 Dog indexさんを選んだのは、「担当して頂いたトレーナー、Makikoさんの事を知っていたから」
というのが一番大きな理由です。
Makikoさんとは以前から顔見知りでしたが、トレーナーをしているのは知りませんでした。
ある日Makikoさんのブログでトレーナーをしていることを知り、ちょうどその少し後に
近所のCafeで、しつけ教室があったので参加してみました。
Cafeのしつけ教室は数名でレッスンでしたので、コナが吠えてしまって
あまり話が聞けませんでした。
それなので、”オヤツを使わない”のも魅力的でしたし、MIKIさんの素敵な人柄、
Makikoさんの誠実さに、個人レッスンを受けてみよう!と思いました。

コナは愛護センターからの保護犬です。
我が家に来た当初は、体も触らせない、唸り、咬むという状態でした。
人間への不信感が相当あったと思うのです。
小さい身体なのに、咬まれたことで、私の中に恐怖もありました。
半年たち、不信感はだいぶ薄れたようでしたが、外に出ても、
他犬と上手く接触出来ないので、いつも他犬を避けるように散歩をしていました。
先住犬との相性はそんなに悪くなかったので、このままでも良いかなと
思ったこともありましたが、まだまだこの先の犬生が長いのにもったいない、
もっと色々な経験が出来るようにしてあげたいと思っていたところに
Dog indexさんとの出会いがありました。

最初に驚いたのは、”犬を尊重している”ことです。
警察犬学校の見学や過去に参加した単発のスクールでは、
”人間の指示をきかせるにはどうするか”というのがメインで、
チョークを効かせたり、吠えにはショックを与えたりしたからです。
でも犬にしてみれば、無理やり抑え込まれても嫌ですよね。

そして、問題行動も「犬を直す」のではなく、人間がうまく誘導して
あげれば解決するんだ、と解ったときは目からウロコでした。
ドッグトレーナーは「犬をトレーニングする」とばかり思っていたのですが、
「トレーニングする方法を人間に教えて、良い方向へ導いてくれる」のが、
ドッグトレーナーだったのですね!

レッスンは本当〜にスローペースになってしまい、Makikoさんには
御迷惑をおかけしてしまいました。
外での復習がなかなか出来ず、家で出来たことでも外では
出来ないことが多かったので、時間が掛かってしまいました。
それでもレッスンを続ける毎に、コナとの関係性が良くなっていくのが、
わかりました。
外で他犬に吠えずに挨拶できた時、一生懸命私を見上げて、
信頼して歩いているコナを見た時、レッスンして良かったなと思いました。
そして、小さな小さなコナの変化にも気づいて、褒めて指導して下さった
Makikoさんには本当に感謝しています。
ありがとうございました!!

この先もスローペースになってしまうかと思いますが、
コナと向き合って、基本レッスンを続けていきたいと思っています。
よろしくお願い致します。
お客様の声
【O様 & ぐり   東京都】
拡大写真を表示 レッスンを始めた頃、わたしたち夫婦とぐりの関係はかなりぎりぎりだったと思います。

4才をすぎた頃からひどく噛むことが何度かありました。
胸についた小さなアリを払おうとした、散歩に行こうと抱き上げようとした、散歩から帰って足を洗おうとした、
散歩に行くために首輪をつけようとした、そんな時。
病院に数日点滴に通うほど、容赦なく噛まれました。

地震があったり、引越しが続いたことで、首輪をつけることと足を拭くことは完全にできなくなりました。
散歩は大好きなのに。普段はおだやかなのに。

なんとかいい関係を取り戻したい、楽しく散歩に行けるようになりたい。
地域が近かったこと、優しいのに毅然としているMIKIさんのお人柄、
おやつに興奮するタイプなのでおやつを使わない、
ということもお願いする決め手になりました。

MIKIさんに教えていただいて一番変わったのは、わたしのぐりに対する考え方です。
飼い主の言うことはなんでもきくなんでもやらせる、というのは理想だけど
犬だって怖かったり嫌だったりしたら噛むことはある。
ぐりはとくに自我の強いタイプなので、様子や反応をよく見てあげること。
その変わり、ダメなことはダメとしっかり伝える。

首輪を違うタイプに変えたことで、なんとかつけさせるようになりました。
足ふきは出来ないけど、濡れたタオルの上を歩かせることでOK、
床は汚れたら拭けばいいじゃない?
肩の力が抜けて、随分気楽になりました。
「オーナーさんの緊張は犬に伝わります、犬は全部感じていますよ」
というMIKIさんの言葉、本当です。

レッスンを終えて今は特に困ったこともなくなりました。
ダメという言葉がわかるようになって、100%ではないけど聞くようになりました。
犬もいろいろ大変だよね。

これからも、教えていただいたことを繰り返しながら、
ぐりのいる生活を楽しんで過ごしていきたいと思っています。
お客様の声
【M様 & モカ   東京都】
拡大写真を表示 レッスンのきっかけは近隣からの苦情!
うるさい!と怒鳴られました。
躾の本やネットで試してみましたが、素人では限界…

吠えだけじゃなくテーブルの上に乗るわ、オヤツあげないとおすわりしない(ーー;)
このままだとダメだと思いMIKIさんにすがる思いでお願いしました。


毎回丁寧にわかりやすく教えて頂きレッスンがとても楽しかったです。
何よりも1回づつできていくモカの成長が感じられて嬉しかったです。

MIKIさんにお会いしてなかったらモカ今どうなってただろうね?
娘と良く話してます(^ ^)

コースは終了しましたが今後はグループレッスンでお世話になりたいと思います。
宜しくお願いします。
お客様の声